徒然日記

おもしろき こともなき世を おもしろく


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告 | --.--.-- --

« 久しぶりの感覚 | - MAIN - | 松が明けったったー! »

鼻歌

鼻歌で口ずさむともう...(´;ω;`) ウッ

歳だねー(笑



故郷

兎追いし かの山
小鮒釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷

如何に在ます 父母
恙なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出ずる 故郷

志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷






椰子の実

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

故郷の岸を 離れて
汝はそも 波に幾月

旧の木は 生いや茂れる
枝はなお 影をやなせる

われもまた 渚を枕
孤身の 浮寝の旅ぞ

実をとりて 胸にあつれば
新なり 流離の憂

海の日の 沈むを見れば
激り落つ 異郷の涙

思いやる 八重の汐々
いずれの日にか 国に帰らん






個人的にはこれらの歌は男性が歌った方のが好き^^;


自分は小学校で3回、中学校で3回
親の仕事やら自身の病気やらで転校したので
望郷の念というのは比較的薄いと思う。

だからこそ故郷への思いを強く持てる人に対して憧憬がありますね



ま、あれだね。
自分自身がしっかりしてれば、何処に居ようとこんな思いになることはないのかー


あぁそっかそっか。そーゆーことか

Category: Music | 2010.01.09 Sat

« 久しぶりの感覚 | - MAIN - | 松が明けったったー! »

この二つの歌を、しすけんさんも口ずさむことが出来るということは
教科書に載っていたということかな。

いつまでも歌い継がれる歌ですね。

しすけんさんは、頻繁に転校していたのですね。
もっと年齢を重ねると、自分の故郷がどこであるか
分かるのかもしれませんよ。

この記事にコメントする

Font & Icon
投稿コメントを公開しない場合はチェック

« 久しぶりの感覚 | - TOP - | 松が明けったったー! »

Calendar

Link

Profile

Category

Comment

Search in blog

Monthly archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。