徒然日記

おもしろき こともなき世を おもしろく


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告 | --.--.-- --

« 「坂の上の雲」クランクイン | - MAIN - | ビデ倫 »

道後温泉と坂の上の雲

てなことで、実はまだ愛媛は松山にいるのです。

日曜日はお休み^^なので松山市をブラブラと散策

道後温泉。
1905年の夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも登場する愛媛の有名な観光地

DSC00067.jpg


DSC00069.jpg


この地の温泉自体も非常に古くから知れられおり、、万葉集にも書かれており
また、聖徳太子もこの地に訪れて温泉に入ったとか^^

坂の上の雲ミュージアムにも行ってみました^^

DSC00072.jpg


『坂の上の雲』、と聞くとご存知ない方は何か牧歌的なイメージを持つかもしれませんが
松山出身の秋山好古、秋山真之の兄弟と、正岡子規の3人を主人公に
明治のという近代日本の勃興期から日露戦争までを描いた
司馬遼太郎による長篇小説です。

『坂の上の雲』とは
幼い日本国家が、そこを登り詰めてさえ行けば
やがては手が届くと思い焦がれた欧米的近代国家というものを
「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切なさと憧憬をこめた題名です。

(※ -wikiより抜粋)


今の日本は坂から転げ落ちてるんじゃ?なんて思ったり、思わなかったり
この頃の日本を想うと、なにかと心熱くなってしまいます

ま、自分は坂の下にいますけどね^^;


建物は安藤忠雄さんの設計で非常にユニークでしたよ。ちょっと箱物っぽかったけど(ーー;

『坂の上の雲』を読まれた方なら是非どうぞ^^

Category: Diary | 2008.03.03 Mon

« 「坂の上の雲」クランクイン | - MAIN - | ビデ倫 »

  • 2008.03.03
  • ゆずぴさん
    URL

このミュージアムって新しいのかな??
私が昔行った時(15年くらい前)はなかったような。
まあ、「坂の上の雲」を読んでないからいいか(笑)
長編は気力がある時じゃないと読む気しないんだよねー。

道後温泉!いつかは行きたい温泉ナンバー1ですね!
坂の上の雲はまだ読んでないですね~
司馬さんは好きなんですが・・・
確かに今の日本はコロガってますね
目標がないって言うか
ゴールが見えないって言うかそんな感じです

安藤忠雄は余り好きじゃないです
殺風景過ぎて温かみがない
同じ建築家ならイソザキのほうが好みかな~

  • 2008.03.04
  • とおこ。さん
    URL

ご来訪&コメントありがとうございました。
松山かぁ…
大学の友達の故郷が松山だったなぁ。
今、何してるんだろ。
道後温泉ってでっかいんですね!
一度行ってみたいなぁ。

  • 2008.03.04
  • しすけんさん
    URL

コメント有難うございます(ーー)

> ゆずぴさん
建物は去年の3月頃に建ったそうです

え、読むのがひだきー?
そんなゆずぴさんには朗報が...^^

> 若゛旦那さん
あー確かにコンクリのうちっ放しでしたよ^^
建物が上から見ると三角形で面白かったんですけどね

> とおこ。さん
道後温泉も含めて愛媛観光は路面電車が
活躍します^^

どこで降りても150円。
坊ちゃん列車も走ってます^^

たまたま今、漱石を読んでいます。
いいですね~温泉!!
ああ~何だか旅行にいきたくなりました。

  • 2008.03.05
  • しすけんさん
    URL

コメント有難うございます(ーー)

> ミホさん
漱石のどんな作品を読まれているのでしょうか?

大阪からだったら四国へはすぐですよね^^

私が今読んでいるのは「こころ」です。
むか~しに読んだ事があったのですが
また読んでみたいなと思って読んでいます。

この記事にコメントする

Font & Icon
投稿コメントを公開しない場合はチェック

« 「坂の上の雲」クランクイン | - TOP - | ビデ倫 »

Calendar

Link

Profile

Category

Comment

Search in blog

Monthly archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。