徒然日記

おもしろき こともなき世を おもしろく


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告 | --.--.-- --

« 新しい竿で釣りを | - MAIN - | 九州南部が梅雨明け »

蛙声

    蛙声
           中原中也
天は地を蓋ひ、
そして、地には偶々池がある。
その池で今夜一と夜さ蛙は鳴く……
――あれは、何を鳴いてるのであらう?

その声は、空より来り、
空へと去るのであらう?
天は地を蓋ひ、
そして蛙声は水面に走る。

よし此の地方が湿潤に過ぎるとしても、
疲れたる我等が心のためには、
柱は猶、余りに乾いたものと感はれ、

頭は重く、肩は凝るのだ。
さて、それなのに夜が来れば蛙は鳴き、
その声は水面に走つて暗雲に迫る。


----------------------------
【読み】
 蛙声 :あせい
 蓋ひ :おほひ
 偶々 :たまたま
 地方 :くに
 猶  :なほ
 感はれ:おもはれ

Category: Diary | 2007.07.20 Fri

« 新しい竿で釣りを | - MAIN - | 九州南部が梅雨明け »

この記事にコメントする

Font & Icon
投稿コメントを公開しない場合はチェック

« 新しい竿で釣りを | - TOP - | 九州南部が梅雨明け »

Calendar

Link

Profile

Category

Comment

Search in blog

Monthly archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。